読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お絵描き中!

イラストレーターYukiの雑記

マンガあり

「自分だけ…」って言わないで

日本人の泣き笑いは、誰かがタクトを振っているみたい?

家族という病2 (幻冬舎新書) posted with ヨメレバ 下重 暁子 幻冬舎 2016-04-04 Amazon Kindle 楽天ブックス

「履歴書は手書きすべきか」論争に対する私なりの終止符

「履歴書の内容は盛るべき」「選考では多少嘘をついてでも、自分を良くみせるべき」というアドバイスがあります。私は、これらのアドバイスは正しいと思います。 ただ、自分を偽るときは「こうなりたいと思う方向に偽るべき」と思います。 パソコンで作成す…

「視聴者提供」のナゾ

スポンサーリンク // 「○○がネットで話題になっています」とテレビで紹介されることもあるようだけど、ちょっと不思議な感じ。 ちなみに私はテレビ持ってない歴10年ぐらいなので、たぶん視聴者ではない…。 テレビ、あればニュースとかドキュメンタリーとか観…

失敗はモチベーションのもと

大好きで毎日聴いているiTunesの無料英会話Podcast、「バイリンガルニュース」。 話し手のMamiちゃんが話していた、自身の英語習得に関するあるエピソードが、とても印象深いものでした。 Mamiちゃんの経験(と、私の経験) 失敗はモチベーションのもと コミ…

私たちは赤ちゃんの頃はLとRの聞き分けができていた―母語の獲得とは失くすことでもある

日本人英語学習者を悩ませるのが、LとRの区別です。 日本人にとっては、この2つの音は聞き分けるのも発音するのも難しく、慣れるまでには相当の訓練が必要と言われます。 しかし、私たちは皆、赤ちゃんのときはこの2つの区別ができていた―。にわかには信じら…

「年下に教わること」ができるか?―「異世代同士の相互教育」への希望と、年齢主義がダメな理由

以前書評を書いた著作、村上由美子著『武器としての人口減社会 国際比較統計でわかる日本の強さ (光文社新書)』で「異世代同士の相互教育」の重要性が説かれていて、とても興味深いと思いました。 年長者から若年者へという一方通行の教育・訓練だけでなく、…

日本でベジタリアンが増えないわけ

外国から日本に来た人が、日本でベジタリアン向けのレストランを探すのに苦労したという話を聞きました。 私自身が知っているレストランで、ベジタリアン向けのメニューを用意している店は思い浮かびません。確かに、彼らが日本で楽しめる飲食店を探すのは大…

嬉しくなる礼儀正しさ、苦しくなる礼儀正しさ

ある本を読んでいたら、「日本人のサービス、礼儀正しさは素晴らしい」という話が出てきました。 筆者の方は長年海外へ行く際にアジア系のエアラインを使っていて、久しぶりに日系エアラインに乗ったところ、トイレに立った筆者と通路ですれ違う際にCAさんが…

保活という無理ゲー

「保育園落ちた」問題が話題になっていたけれど、「保活」について正直よく知りませんでした。 「0歳での入園」について、知人の話によれば保育園側にとってもあまり喜ばしくはないとのこと。0歳児の保育はやはり大変だし、保育士の配置人数などに関する基準…

「みんなやってるんだからあなたもやって」という、首を絞め合う行為

前回の記事で、退職したことをご報告しました。 その前職であったことです。 苦しみの連鎖を止めるには? 程度の差はあれ、同様のことはあちこちで起こっていると思います。なぜ「みんな自分と同じように苦しんでほしい」と思ってしまうのでしょうか?「イエ…

同期で飲まない方がいい理由

会社員だったころ、私が同期と飲みに行った回数は2回だけでした。 1度目は入社直後に行われた、同期の新入社員全員での飲み会。2度目は私が退職する日に開かれた、私の送別会です。自分の時間の優先度が高かった私は、それ以外の飲みの誘いは、丁重にお断り…

学生よ、内職せよ - 大学受験を通してわかった、人生で最も大事な2つのこと

高校3年生のとき、私は自分の実力より高めのレベルの大学を志望校に定めました。 しかし、受験勉強を始めてすぐに「このままでは、明らかに時間が足りない!」ということに気づき、なんとか勉強時間を増やさなければと思いました。 とはいえ毎日の生活の中に…

お土産を配る会社員は「罪悪感」をまとっている

熊谷徹著『日本とドイツ ふたつの「戦後」』という本を読んでいます。 日本とドイツ ふたつの「戦後」 (集英社新書) 作者: 熊谷徹 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2015/07/17 メディア: 新書 この商品を含むブログ (3件) を見る 日本とドイツの共通点と、…

人生の主導権を取り戻した幸せ

先日の土曜日、とてもいい天気だったので、パートナーと二人でお花見に行きました。 行き先は市の中心部にある大きな公園。絶好のお花見スポットとあって、たくさんの人でにぎわっていました。 トイレの前のすごい行列や… 家族が楽しくはしゃいでいる横で、…

英語ができないのは、あなたが英語を難しくしているからだ

1年くらい前に、過去記事で紹介した行動力の高い姉と母が二人でアメリカへ旅行に行きました。 アメリカには我が家の親戚がいて、彼らに会うことが目的の1つだったのですが、彼らは日系3世~4世で日本語が全く話せない。そして姉&母は全く英語が話せない。親…

「できる人」と一緒に暮らしたら、彼らの秘密がわかりました

私は数か月前から、交際中のパートナーと一緒に暮らしています。 付き合って3年になる彼は、いわゆる「できる人」。彼自身は「そんな事ないよ~」と言いますが、彼のことを「優秀だ」とほめる人は多く、身内の私から見ても「すごい人だなあ…」と思うことが多…

お姉ちゃんの話

私には2歳年上の姉がいます。 彼女は5分に1回くらいボケているんではと思うくらいの天然で、一緒に居ると色々と驚かされます。あるとき、姉が自分の給与明細を見て何やら怒っていたので、「どうしたの?」と聞くと… ※控除…「こうじょ」:金額などを差し引く…

スカートをはかなければならないということ

クラスに「ボーイッシュな女の子」、いませんでしたか?

有休を取れないとどう困るのか