読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お絵描き中!

イラストレーターYukiの雑記

日本人の泣き笑いは、誰かがタクトを振っているみたい?

家族という病2 (幻冬舎新書) posted with ヨメレバ 下重 暁子 幻冬舎 2016-04-04 Amazon Kindle 楽天ブックス

日本人は「中立性」が可能だと思ってる?

多数の人に向けて発信された文章に対してしばしば向けられる批判が、「これは中立の立場からの意見ではない」というものです。 多くの人に向けて考えや意見を発信するとき、「中立の立場で書くべき」なのでしょうか。 大好きなライターの近藤雄生さんが、こ…

「年下に教わること」ができるか?―「異世代同士の相互教育」への希望と、年齢主義がダメな理由

以前書評を書いた著作、村上由美子著『武器としての人口減社会 国際比較統計でわかる日本の強さ (光文社新書)』で「異世代同士の相互教育」の重要性が説かれていて、とても興味深いと思いました。 年長者から若年者へという一方通行の教育・訓練だけでなく、…

必要に迫られないと生産性は上がらないのならば、日本は生産性大国になれる―村上由美子著『武器としての人口減社会』を読んで

先日、ちきりんさん著『自分の時間を取り戻そう』を読みました。「生産性」がキーワードで、この概念が仕事でも家庭でも、すべての人にとって重要なものであることや、どうしたら生産性を向上させられるかといったことが論じられていて、とても示唆に富む内…

弱さと向き合うことで出会える強さ―近藤雄生さん著『旅に出よう―世界にはいろんな生き方があふれてる』を読んで

私は読書が好きで、そこそこの数の本を読んできたと思います。そんな私には「一番好きな本」を一冊に絞ることは難しく、どうしても二~三冊の「一番」があるのですが、今年はそんな「一番」たちに、また新たな一冊が加わってしまいました。近藤雄生さん著『…

日本では25歳以上で大学で学ぶ人がとても少ないということ

日本では、25歳以上で大学や大学院で学ぶ人が少ないという話を聞きました。大変気になる話題だったので、具体的にどのような状況なのか調べてみました。 大学入学者に占める25歳以上の割合、日本は世界最低レベル 下記の文部科学省の資料に、大学等で学ぶ社…

日本でベジタリアンが増えないわけ

外国から日本に来た人が、日本でベジタリアン向けのレストランを探すのに苦労したという話を聞きました。 私自身が知っているレストランで、ベジタリアン向けのメニューを用意している店は思い浮かびません。確かに、彼らが日本で楽しめる飲食店を探すのは大…

海外へ出る日本人は減っているのかということと、不安を売るメディアについて

よく「留学する日本人が減っている」「若者の内向き傾向や海外離れが進んでいる」と言われます。 でも、私の知り合いには留学経験者が何人もいるし、20代から30代の若年層の間で外国の文化や海外移住への関心がどんどん高まっているのも感じます。そのため、…

国と一体化しすぎる人たち

自分の国をほめる人がいたら、嬉しくなりますか?逆に自分の国を批判したり、問題点を指摘する人を目の前にしたら、腹が立ちますか? 以前、ある年配の女性と仕事上のつながりがありました。彼女は60代くらいで、日本の教育現場で学校長を務めている人でした…

日本を嫌いになりかけていた私が、日本人としてちゃんと生きようと思うようになった話

最近、自分の母国である日本という国に対する気持ちが、変化してきていることに気がつきました。きっかけは、ある休日に彼氏と出かけたときのことでした。 自分のルーツをまとうということ ある日曜日、彼氏が私たち二人の母校である大学に行こうと言いまし…