読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お絵描き中!

イラストレーターYukiの雑記

出産、子育て、アンガーマネジメント…田房永子さんのエッセイ漫画で人生はもっと生きやすくなる!

漫画家・田房永子さんの作品が、すべての人におすすめしたい良書です。 「ママだって、人間」 最初に読んだのがこちらの作品。 ママだって、人間 posted with ヨメレバ 田房 永子 河出書房新社 2014-03-14 Amazon Kindle 楽天ブックス かなりシュールな感じ…

必要に迫られないと生産性は上がらないのならば、日本は生産性大国になれる―村上由美子著『武器としての人口減社会』を読んで

先日、ちきりんさん著『自分の時間を取り戻そう』を読みました。「生産性」がキーワードで、この概念が仕事でも家庭でも、すべての人にとって重要なものであることや、どうしたら生産性を向上させられるかといったことが論じられていて、とても示唆に富む内…

弱さと向き合うことで出会える強さ―近藤雄生さん著『旅に出よう―世界にはいろんな生き方があふれてる』を読んで

私は読書が好きで、そこそこの数の本を読んできたと思います。そんな私には「一番好きな本」を一冊に絞ることは難しく、どうしても二~三冊の「一番」があるのですが、今年はそんな「一番」たちに、また新たな一冊が加わってしまいました。近藤雄生さん著『…

私を数年ぶりに選挙に行かせた出口治明さんの言葉

今年、数年ぶりに選挙に行きました。2016年7月10日に投票が行われた参院選です。 私は、実家で暮らしていたときには両親と一緒に近くの中学校まで投票に出かけたりしていましたが、一人暮らしを始めてからこの夏までの数年の間、一度も選挙に行っていません…

「有休を取ってベルマーク集計」―『PTA、やらなきゃダメですか?』に書かれたPTAの実態と改革がすごい

旧態依然とした組織を変えていくのは至難の業です。しかし、「変えていくこと」ができるかどうかということが、今後の日本の命運を左右することでもあります。 前例主義一色だった組織を変えることに成功した、素晴らしい事例に関する本を読むことができまし…

インベスターZ15巻は面白さシリーズ最高潮。「情と理のバランス」は永遠のテーマだ

先日インベスターZ第15巻が発売されましたので早速読みました。面白すぎて手に汗握りながら一気に読了しました! インベスターZ(15) 作者: 三田紀房 出版社/メーカー: コルク 発売日: 2016/10/21 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 本巻の内容…

堤未果著『社会の真実の見つけかた』を読んでわかった、タレントのスキャンダルに夢中になってる場合じゃない理由

話題作『政府は必ず嘘をつく(角川新書)』の著者でありジャーナリストの堤未果さんが、若い世代向けに「情報を読み解く力」の大切さについて、柔らかな口調で語った『社会の真実の見つけかた』を読みました。 社会の真実の見つけかた (岩波ジュニア新書) 作者…

「疲れたら休む」のではなく「疲れないように休む」

プロのブロガーとして有名な立花岳志さんが、著書『クラウド版デッドライン仕事術』にとても興味深いことを書かれていました。

書評『稼ぎたければ、働くな』 常識の捨て方―「ドアにノブはいらない」

山田昭男著『稼ぎたければ、働くな』を読みました。 稼ぎたければ、働くな。 作者: 山田昭男 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2012/11/05 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (5件) を見る 一見逆説的な煽りのようにも見えるタ…

浮気とも不倫とも違う、「本気で複数の人を愛する」ポリアモリーというライフスタイル

あなたは「ポリアモリー」について知っていますか? おそらくほとんどの日本人は、その言葉さえ聞いたことがないのではないでしょうか。 私が初めて「ポリアモリー」について知ったのは、英語学習のために聴き続けているポッドキャスト番組「バイリンガルニ…

蛭子能収著『ひとりぼっちを笑うな』~明日から「ひとり」がもっと楽しくなる本!

「ひとりが好きだけれど寂しがり屋で、群れるのは苦手だけれど集団を遠くから眺めるのは好き」という人がいると言われたら、どう思いますか? 「なんだそりゃ?」と思う人も多いでしょうか。もし「私だ!」と思うならば、あなたに是非お薦めしたい本がありま…

【インベスターZ第11巻レビュー】読めばきっと、「小さく自営」したくなる。

『インベスターZ』第11巻を読みました! 三田紀房先生の作品は、『ドラゴン桜』『エンゼルバンク』『銀のアンカー』『透明アクセル』と読んできている私。今回も本当に色々な学びが得られる内容でした。ネタバレにならない程度に、内容を紹介していきたいと…