読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お絵描き中!

イラストレーターYukiの雑記

ドイツ人の働き方から考える、日本人はそもそも「早く帰りたい」と思っていないということ

ハフィントンポストの下記の記事を読みました。去年のものですが、大変良かったです。

 

www.huffingtonpost.jp

 

  • 日本では「有給は、病気の時に使うもの」なのに対して、ドイツでは、病欠は有給休暇とは別
  • 部下が休暇を取らずにいると、上司の管理が悪いことになる
  • 「1室に2〜3人が普通」という少人数のオフィスで集中して仕事をする

 

などなど、羨ましい点がたくさんあったのですが、最も印象に残ったのは、日独両方で働いた経験のある女性のこの言葉。

 

 

「ドイツ人はとにかく早く帰宅したいという意識が強いので、仕事の効率を重視します。」

 

 

この言葉で思い出したことがありました。前職で働いていたとき、感じていたこと。それは、日本人って、そもそも早く帰りたいと思っていない人が結構多いんだな…ということ。

 

 

帰れるのに、帰らないの?

昨年まで勤めていた会社には、切羽詰まって仕事をしている風でもないのに、定時を過ぎてもなかなか退社しない人たちがいました。「あれ、帰られないんですか?」と尋ねると、彼らは「帰っても別にやることないしね」と言っていて、びっくりしました。

 

私は毎日、1秒でも早く帰って本が読みたいと思っていたからです。でも、そういうものを持たない人たちが驚くほど多いということを知りました。

 

また、ある日のこと、仕事終わりに部署の新メンバーの歓迎会が行われることになりました。私が属していた部署はとても残業の多いところで、毎晩終電で帰るのが当たり前でしたが、そういう「部署の飲み会の日」だけは例外的に全員が定時後まもなく会社を出て、飲み会の会場に向かいます。

 

f:id:Yuki222:20160216175027j:plain

 

会が終わり、店の外に出ると21時過ぎでした。私は、「定時からは3時間も過ぎているけど、いつもと比べたら、今日はかなり早く帰れる。みんな嬉しいだろうな」と思いました。

 

でも、店の外に出てきたみんなは、「…どうする?」「…どうする?」「もう1軒、行きましょうか」と言い出したのです。

 

私は、もしかしてそうなるんじゃ…と思ってはいたものの、ここのところ残業続きでみんな自分の時間が全く取れていないはずなのに、もう帰ることができるのに、みんなが帰ろうとしないことを、心底不思議に思いました。

 

「家族と過ごしたくない」?

経営者・吉越浩一郎さんの著書にも、興味深い話がありました。

 

あるとき、吉越さんはフランス人の奥さんと3か月間のクルージング旅行に参加することになったそうなのですが、そのことを周囲の日本人男性たちに言うと、みんな「妻と3か月も一緒にいるなんて耐えられない!」と言ったそうです。

 

どうして日本人がそんなふうになってしまいがちなのかは良く分かりませんが、そう言えば、海外経験の豊富な人が、「外国人はオフィスの机に家族の写真を飾っていたり、同僚に見せてきたりする人も多いけれど、日本人はあまりやらない」と言っていたのを思い出しました。

 

 

意識改革を!

日本社会で働いてみて、見えてきたのは、「日本人は早く帰宅したいと思っていない人が多くて、少数派の、少しでも早い帰宅を望む人々が苦しむことになっている」という事実でした。

 

早く帰ることもできるのに帰らないでいる人たちを見ていると、彼らには「少しでも早く帰って、一人時間を充実させたい」という気持ちはないようでした。

 

家に帰れば自分の家族がいる年配の人たちも、「少しでも家族と過ごしたい」と思っているようには見えませんでした。むしろ少しでも長く会社の人たちと一緒にいようとしているようでさえあって…。

 

そういう人たちが主導して、「残業を削減しよう、長時間労働を是正しよう」としても、うまくいくとは思えません。勝手な意見であることを承知で言えば、まずはそういう人たちにも「早く帰りたい」「家族と過ごしたい」と思うようになってもらうことが、一番効果があるのではないか…というのが本心です。

 

「ドイツ人は早く帰りたいと思っている人が多いから、効率的に仕事をする」というのが事実ならば、日本人の生産性を上げるために、その意識改革はきっと意味があると思うのです。

 

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!

Yuki