読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お絵描き中!

イラストレーターYukiの雑記

電車のシートはなぜ読書しやすいのか考えてみた

私はよく地下鉄に乗りながら読書をします。

 

f:id:Yuki222:20160822175632j:plain

端っこが好き。

 

一番端の席が快適で好きです。こんな本↓もありますが、誰が何と言おうと端が好きです(笑)

電車のハシに座る人は、成功できない

電車のハシに座る人は、成功できない

 

 

 

今日も地下鉄の車内で本を読んでいたのですが、あまりに快適なので降りる予定だった駅で降りるのをやめ、そのまま読書を続けて終点まで行くことにしました。

 

その後終点でもと来た方向へ戻る電車に乗り換え、存分に読書を楽しんだわけなのですが、ふと、どうして電車の中はこんなに読書がはかどるのかと考えました。

 

自分の部屋と違ってほかの余計なモノがないとか、電車の走行音が適度なBGMになっているといった理由で集中できる環境なのかもしれませんが、個人的に一番の要因は「シートの座り心地」だと思い当たりました。

 

そういえばうちには割と安物の椅子しかないけれど、ふかふかのソファがあれば家でももっと快適に読書できるのかも。

 

そう思って、用事を済ませた後、帰りにニトリに寄ってみました。

 

 

ふかふかならいいってもんじゃない

ニトリの家具売り場へ行くと、様々なソファがあったので、あれこれ座って試してみました。

 

が!

 

あれ?

 

なんか違う。

 

ソファはどれもふかふかですが、電車のシートの快適さとは明らかに違うのです。

 

売られているソファをよく見てみると、どれも座面の奥行きが広くとってありました。しかし、私のような小柄な女性にとっては、奥行きが広いと「背もたれに寄りかかり、かつ、足を床につける」ことができません。

 

そのため、ソファは「座った瞬間は気持ちよさを感じるけれど、本を持って長時間読書するのにはつらい姿勢」になってしまうのです。

 

f:id:Yuki222:20160822180517j:plain

 

一方、電車のロングシートは一般的なソファよりもずっとコンパクトで、体の小さい女性でも「背もたれに体重を預けながら、足をしっかりと床につける」ことができるサイズです。

 

この大きさが私の身体にぴったりなようで、電車のロングシートに座ると私は自然と長時間集中できる姿勢になります。「机を持ち込んでここで勉強したい…」と思いそうなほどです(笑)

 

 

「ロングシートの端」がほしい

特に私の好きな「端の席」は、座面・背中・側面の3方向からしっかり支えられるのでとても快適。もはやあの端の席の部分を切り取って部屋に置きたいです。

 

f:id:Yuki222:20160822182143j:plain

 

日本人は小柄な人が多いのだし、売られているソファでは大きすぎて逆に快適じゃないという人は意外に多いんじゃないかなあ…。

 

「電車のロングシートの端のようなサイズ感のソファ」が開発されれば結構需要があるんじゃないかと思うので、お願いします!ニトリさん!