読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お絵描き中!

イラストレーターYukiの雑記

私たち、虚礼廃止カップルです

考えたこと

私には交際して3年半以上になる彼氏がいます。

先日、知り合いから「誕生日やクリスマスにはどんなプレゼントを贈り合うの?」と聞かれ、「プレゼントはしない」と答えたらすごく驚かれました。

 

私たちは、記念日だからといってプレゼントはしません。

 

互いの誕生日は、外食したりケーキを買って食べたりはしますが、物を贈ることはやりません。「付き合い始めた記念日」は、気づいていれば「○年目だね」と言うくらい。クリスマスに至っては言及すらしません(笑)。

 

 

プレゼントをやめた理由

こんな私たちも、付き合い始めの頃は誕生日プレゼントを贈り合っていました。プレゼントをやめたきっかけは、私が1社目の仕事を辞めたことでした。

 

新卒入社の会社を半年で辞めた私は、次の仕事がいつ見つかるか見通しが立たなかったので、しばらくは超・節約生活をすることになりました。減っていくばかりの貯金に頼る生活なので、本当に生きるのに必要なもの以外は買いません。

 

同じタイミングで彼氏との同居を始め、彼も私の節約生活に付き合ってくれました。こうして私たちは可能な限り出費を抑える生活を始め、自ずとプレゼント文化は私たちの間からなくなったのです。

 

f:id:Yuki222:20161023123516j:plain

 

このように当初はやむを得ず始まったプレゼントなしのお付き合いでしたが、私が無事に正社員の職を得た後も、プレゼントが復活することはありませんでした。なぜなら、プレゼントなしの関係がものすごく快適だったからです。

 

なぜプレゼントをやらないと幸せでいられるのか?それにはいくつかの理由があります。

 

 

①めんどくさい

もうね、これに尽きます。

 

「今、相手は何が欲しいだろうか?」「重すぎず軽すぎず、一番喜んでもらえるものは何だろう?」とあれこれ考えて、頭を悩ませて、色々なお店に足を運んで悩んで迷って疲れるのがしんどい。

 

自分がしんどいから嫌なのではありません。相手にそういうめんどくさい思いをさせるのが心底嫌なのです。

 

自分が欲しいわけでもないものを探し回ってあれこれ吟味するのは、自分の買い物の10倍疲れると思います。

 

特に男性が女性ものの時計やらバッグやらの売り場を歩き回るのって、それだけで疲れるだろうなあと思います。(というか私自身疲れる)

 

彼氏には、そんなしんどいことをするより、自分自身のやりたいことにお金やエネルギーを使って生き生きしていてもらいたいなあと思います。

 

 

②好みやライフスタイルは変わる

事前に欲しいものをリクエストするという手もあります。でも、あなたが今欲しいものを、未来のあなたも欲しているかはわかりません。

 

好みが変わるかもしれないし、それを使わないライフスタイルになっているかもしれません。長時間のデスクワークによる肩凝りに悩まされているからと、マッサージ機を贈られても、ほどなくして肩の凝らない仕事に転職しているかもしれません。お弁当箱をリクエストしても、お弁当を作らない生活に変わっていくかもしれません。

 

そういう生活の変化があったとき、それらのモノを自分で購入していれば「あれ、やめたんだ~。」ですみますが、人から贈られているとそう簡単に「いらなくなった」とは言えません。

 

場合によっては、申し訳なさから無理して使い続けるようなことも…。

 

欲しいもので、かつ「本当に使う」ものって、本人ですらわからないんです。だからプレゼントは難しいんです。

 

 

③モノを増やしたくない

単純に「モノを増やしたくない」というのも大きなポイント。誕生日、クリスマス、バレンタイン、ホワイトデー…記念日のたびに1つずつモノが増えていたら、うちはどんどん狭くなってしまいます。しかもプレゼントは捨てにくいというのが厄介。

 

 

④その分お金を貯めて、ドカンと「体験」に使いたい

一番の理由がこれです。年に何度もある記念日のプレゼント代を全部足したらいくらになるでしょうか。私たちは、頻繁にモノをプレゼントされなくてもいいから、その分のお金を貯めておいて旅行に行ったり、何かわくわくするような体験がしたいです。

 

あまりモノを持っていなくていいので、すっきりとした部屋で、ゆったりと二人で、心の中には様々な体験の思い出を持っていたい。うん、いいこと言った。

 

 

虚礼廃止のすすめ

他人から見ると、「恋人同士なのにプレゼントを贈り合わない」というのは「普通じゃない」ようです。世間では恋人同士なら誕生日もクリスマスもバレンタインも、モノを贈るのが当たり前なのでしょう。

 

でもそういう常識を疑ってみて、「あれ?いらないんじゃないか?」と思ったら、試しに常識を外れて我が道を行ってみると、思いのほか快適に生きられるということがたくさんあると思います。

 

ただ、自分の生き方に関してならまだしも、プレゼントのような相手があることで世間の常識から外れた行動をとることは、なかなか勇気がいることかもしれません。

 

でも、交際相手というのは、もしかしたら人生をともにするかもしれない相手です。そんな相手との間に、いちいち世間の常識を挟んでいたのでは、いつか疲弊してしまうかもしれません。大切な相手だからこそ、世間の常識と違ってもありのままの自分の考えで接するのがいいのではないでしょうか。虚礼廃止カップル、おすすめです!