読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お絵描き中!

イラストレーターYukiの雑記

節約したいならティッシュは最安値を買ってはいけない

暮らし

節約のためには、何でも一番安いものを買うのが鉄則!…かと思いきや、そういうわけでもありませんでした。

 

 

 安いティッシュは「裂いて使う」ができない

毎日使う消耗品の代表・ティッシュ。最近では紙製の箱ではなくビニールで覆われた低価格のものから、頻繁にティッシュで鼻をかむ人のためのやわらかなもの、子どもが喜びそうなキャラクターものまで、ありとあらゆる品揃えがあります。

 

 

 

 

あるとき売り場で一番安かったティッシュを買って使ってみると、あることに気が付きました。それは「安いティッシュはきれいに裂けない!」ということ。なぜティッシュを裂く必要があるのかというと、私は普段「ティッシュ1枚は大きすぎるな、半分くらいでいいな」「3分の1でいいな」などと思った場合に、裂いて使うことがよくあるからです。

 

f:id:Yuki222:20161124113306j:plain

 

安くて質の悪いティッシュは、普通に使う分には何ら問題ないのですが、全くきれいに裂くことができませんでした。

 

 

 いいティッシュは250回使える

一般的なティッシュは1箱150組入りくらい。3回に1回は3分割に裂いて使うと仮定すると、裂けるティッシュなら

 

  • 100枚はそのまま使うので使用回数100回
  • 50枚は3分割するので使用回数150回

 

合計250回使えるのです。なんてすばらしい!

 

一方、裂くことができない安いティッシュは150回しか使えないので、私にとっては使用回数に100回もの差があることになります。そんなわけで、節約を心がけている私ですが、ティッシュについてはあまり安すぎるものは買わないことにしています。

 

f:id:Yuki222:20161023123516j:plain