読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お絵描き中!

イラストレーターYukiの雑記

一人暮らしならポット型浄水器「BRITA(ブリタ)」がおすすめ!おすすめサイズは?コストは?

2年ほど前からポット型浄水器「BRITA(ブリタ)マレーラ Cool」を使っています。飲み水に・煮物に・炊飯にと大活躍中で、本当に使わない日はないほどです。

 

蛇口に取り付けるタイプの浄水器と迷ったのですが、こちらを選んで本当に良かったなと思っているので、2年間毎日使用してきた感想を豊富な写真付きでご紹介します。

 

 

 

一人暮らしにぴったりサイズ。BRITA マレーラ Coolの概要

ポット型浄水器とは、中が二層構造になっていて、間にあるフィルターやカートリッジで水をろ過することによって飲料水を作るポットです。使っているのは「【高除去12項目で2ヵ月交換】 ポット型浄水器 BRITA(ブリタ) マレーラ Cool」。フォルムが美しくて気に入っています。

 

f:id:Yuki222:20161010213347j:image

 

 

水が入った状態で傾けると、水の勢いで注ぎ口がカパッと勝手に開いてくれるので、片手で楽に注げるタイプです。

 

f:id:Yuki222:20161010213409j:image

 

フタを取るとこんな感じ。底のくぼみの部分に、専用の浄水カートリッジを取り付けます。この上側部分には、およそ1.4リットルの水が入れられます。

 

f:id:Yuki222:20161010213531j:image

 

 上側部分は本体から取り外せます。一般的な細身の冷水用ポットと違い、底まで手を入れて思いきり丸洗いできるのがとてもいいです。

 

本体と取り外した上側部分は食洗器の使用もOKですが、フタは液晶部分(後ほど説明します)の故障の恐れがあるため洗わない方がよいとのこと。私は裏側だけささっと洗っちゃってますが…。

 

f:id:Yuki222:20161010213622j:image

 

 本体は透明、上側の浄水部は半透明のプラスチックです。軽くて丈夫で、中の水の量が一目でわかります。

 

f:id:Yuki222:20161010213649j:image

 

 水を入れるときは上部の「フリップトップ式フタ」から。取っ手を握った手の親指でヒョイと開けられるので、水を入れるときも注ぐときも片手で簡単に行えるのが有難いです。

 

f:id:Yuki222:20161010213512j:image

 

ブリタ専用浄水カートリッジの交換の目安は2か月。フタ部分にはカートリッジを交換してからの経過時間を示す液晶表示があり、交換時期を示してくれます。

 

といっても、交換時期を自動で検知して表示してくれる…というわけではなくて、カートリッジを交換したときに、自分でボタンを押して表示をリセットします。その後は2週間ごとに表示されたバーが1本消えていき、2か月たつとゼロになる…という仕組みです。

 

使用者側がやることは、カートリッジを交換したときに表示をリセットするだけなので、特に面倒ということはありません。

 

「1日あたり3.5リットル使用した場合、2か月でカートリッジ交換を」という目安だそうですが、私は1日に3.5リットルも使っていないような気がするので、必ずしも2か月ちょうどで交換しなかったりします。

 

 こちらが水をろ過するカートリッジのパッケージ。「MAXTRA(マクストラ)カートリッジ」というものです。

 

f:id:Yuki222:20161010213813j:image

 

公式サイトによると、カートリッジの中身は「イオン交換樹脂」や「食品級の安全性が認められた活性炭」だそうです。これらで水道管から混入した銅や鉛、塩素などを除去して、水の安全性を高め、味を良くする仕組みです。

 

カートリッジは持ってみると意外と重みがあり、振ってみるとかすかにサラサラ、パラパラと音がして、砂っぽいものが入っていそうな感じです。

 

f:id:Yuki222:20161010213918j:image

 

 このカートリッジを浄水部の底にしっかりとセットします。カチッとはまる音がして、ひっくり返しても落ちないようになります。ちなみに、取り外すときは、上部にあるプラスチックのリング状の部分を引っ張って外します。

 

f:id:Yuki222:20161010214039j:image

 

 浄水部に水を入れて放置。すぐにろ過された水が下からチョロチョロと流れ出します。

 

f:id:Yuki222:20161010214100j:image

 

 少しずつですが途切れることなくどんどん出てきます。

 

f:id:Yuki222:20161010214208j:image

 

 ほぼ満杯 (1.4リットル) の水を入れて測ってみたところ、全量のろ過にかかった時間は約2分20秒でした。

 

f:id:Yuki222:20161201103803p:plain

 

蛇口に取り付ける浄水器に比べて、ろ過の時間がかかるわけですが、普段から浄水を使うたびに減った分の水を補充して冷蔵庫に入れてあるので、いつでも浄水ができており、ろ過されるのを待つのが面倒と感じることはほとんどありません。

 

ただ、ろ過している間はチョロチョロと音がするので、静かなオフィスや学習塾などでの使用には少し注意が必要かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ドアポケットに収まるベストなサイズ感!

ブリタの浄水ポットには様々なバリエーションがあるのですが、私の購入の決め手はサイズでした。傾けると注ぎ口が開くブリタは横倒しにして置くことができないので、冷蔵庫のドアポケットに収まるサイズであることが必須だったのです。

 

「マレーラ  Cool」はドアポケットにすっきり収まるので、購入を決めました。

 

f:id:Yuki222:20161201090926j:image

 

ドアポケットに入れてもギリギリではなく、少し余裕があるくらいです。

 

f:id:Yuki222:20161201091301j:image

 

もっとスリムな方がいいという方には、少し小さいサイズの「リクエリ」というモデルもあります。こちらは容量が1.1リットルです。

 

 

 逆にもっと大きいのがよければ、容量2.2リットルの「エレマリス」も。ただ、ここまで大容量だと水を入れたときに重すぎて、女性には使いづらいかもしれません。

 

 

 

炊飯や煮物・スープなどの料理にも使える十分な容量で、かつ、女性にも扱いやすいサイズとしては、やはり1.4リットルの「マレーラ Cool」がおすすめです!

 

 

コストは?

ブリタのカートリッジ「マクストラ」は、3個入りパックがAmazonで2,500円ほど。1個で2~3か月使用できるので、3個だと半年から9か月分になります。

 

 

一日あたりのコストを見てみましょう。2,500円で9か月(約270日)分なので、

 

2,500円 ÷ 270円 = 1日当たり約9.26円。

 

浄水量はどうでしょうか。公式サイトによると、カートリッジ1個で200リットルの水をろ過できるということなので、3個で600リットルろ過することができ、

 

2,500円 ÷ 600リットル = 1リットルあたり約4.2円!

 

改めて計算してみて驚きましたが、非常に割安です。かなり安めのスーパーでも、水は2リットルで60円くらいが底値なので、それよりもずっと安いです。ペットボトルの水と違ってゴミも出ないので、そういう意味でもとてもコスパがいいです。ペットボトルのミネラルウォーターには、ペットボトル代が入っているんですよね…。

 

Amazonのカートリッジの値段は、タイミングによってはもっと安くなることもありますし、8個入りのお得用パックなどもあるので、場合によってはさらに低コストになります。

 

 

 蛇口取り付け型の浄水器との違いは?

当初は、蛇口に装着するタイプの浄水器の購入を検討していました。ただ、そのような浄水器を設置すると蛇口とシンクの間が狭くなって、シンクがもともと小さい物件に住んだときに食器洗いがすごくやりづらくなってしまうんですよね。

 

f:id:Yuki222:20161201113703j:plain

 

 大学生の頃の一人暮らしでそういう経験があったので、ポット型浄水器の方がいいかなと思いました。

 

そのほか、小さなことですが、「蛇口の先に大きなモノがどーんとくっついている」というのが何となく不格好であまり好きじゃないなあと思ったのも、取り付け型浄水器を避けた理由の一つです。

 

 

水の味は?

私は硬水が苦手で、例えばかなり硬度の高いミネラルウォーター「コントレックス 」(硬度1551だそうです)を飲んだ時はかなり飲みにくいと感じました。

 

ブリタでろ過した水は、なめらかな口当たりでとても飲みやすいです。私はサントリーの「天然水 阿蘇」の味と似ていると感じました。

 

 「天然水 阿蘇」は硬度およそ80の軟水ということなので、ブリタでろ過した水も軟水になっていたのでしょう。ただ、ろ過した水の味や硬度は、お住まいの地域の水道水の質にもよると思います。(ちなみにブリタを使用当時の私は福岡市住まいです。)

 

 

 ブリタの難点

 とっても便利なブリタなのですが、たった一つだけ難点が。それは水を注ぐと、結構な確率で注ぎ口をつたって水がたれてしまうこと…。

 

ブリタの浄水ポットも、例えば液ダレしないことで有名HARIOの急須ぐらい切れの良い注ぎ口だったら、言う事なしなのですが…。たまに注ぎ口の外側をつたってしまう水滴を、ふきんで拭きながら使っています。

 

 

 

とはいえ、入っているのは水なので、多少液ダレしたからといって、そんなに周囲を汚すことはないのですが。

 

 

 おすすめです!ホワイト以外のカラーも。

1リットル当たり約4.2円という超コスパのいい浄水ポット、「ブリタ マレーラ Cool」。一人暮らしにぴったりなサイズで見た目もシンプルでおしゃれ。とってもおすすめです。

 

 

量販店などでは上記のホワイトしか見たことがありませんでしたが、カラーバリエーションも色々あるようです!

 

 

 

 

 

 

 

2年間ほぼ毎日使ってきましたが、この先も引き続き大活躍しそう。とてもよいものなので、浄水器をお探しの方はぜひ浄水ポットも検討してみてください。

 

f:id:Yuki222:20161023123516j:plain