お絵描き中!

イラストレーターYukiの雑記

スープジャーを水筒として使うととっても便利!

一般的な水筒よりも少なめの容量で、お味噌汁などのスープを入れて持ち運べるスープジャー。一時期人気が高まって、関連書籍などもたくさん出ていましたね。

 

 

このスープジャー、私も一つ持っているのですが、実はスープを入れて使ったことは一度もありません。お茶やカルピスなどを入れて、普通の水筒のように使っています。

 

 

使っているのはタイガー製「nooma(ヌーマ)」

使っているのはタイガーの「nooma(ヌーマ)」という製品。

 

 

同じくタイガー製の水筒も持っているのですが、そちらはほとんど使わず、もっぱらスープジャーの方を水筒として使っています。なぜなら、スープジャーには嬉しいメリットがたくさんあるのです!

 

 

メリット①洗いやすい

最大のメリットが「洗いやすい」ということです。

以前は写真左の水筒を使っていたのですが、洗うときに底まで手が入らないので、100均で買ったボトル洗い専用グッズを使って洗っていました。

 

f:id:Yuki222:20161210134725j:plain

 

 

 

でも、こういうものを使って洗うと、今度はこのアイテム自体を洗ったり干したりする必要が出てくるわけです。モノを増やすと、手間が増えてしまってやっぱり良くないと思いました。

 

その点、スープジャーは奥まで手を入れてしっかりと洗うことができるので、とても手入れしやすいです。

 

f:id:Yuki222:20161210161631j:plain

 

 

メリット②バッグの中で倒れない

細身の水筒はバッグの隙間に入れやすいですが、簡単に倒れてしまいます。倒れてしまっていると、「さっと取り出しやすい」というスリムな水筒の利点も台無しです。

 

また、バッグの中で水筒が倒れていると、漏れはしないものの、フタの内側が濡れて、開けたときにこぼれやすいです。

 

スープジャーなら背が低いので、バッグの中で倒れていることはほとんどありません。デスクなどに置いているときも倒れにくいので安心です。

 

f:id:Yuki222:20161210161620j:plain

 

 

メリット③何でも入れられる

普通の水筒って、意外と入れられるものが限られているのをご存知ですか?取扱説明書を見ると、「塩分を含むスポーツ飲料」や「牛乳、乳製品、果汁」などは、腐敗や変質のおそれがあるため入れないようにと書いてあることが多いです。

 

f:id:Yuki222:20161210140556j:plain

水筒の取扱説明書の注意書き。

 

スポーツ飲料を水筒に入れている人、けっこう多いのではないでしょうか。牛乳がダメということは、カフェオレをマイボトルに入れて携帯する…ということも、やめた方がよさそうです。注意書きを守るとすると、普通の水筒に入れられるのは水やお茶くらいでしょうか。

 

でも、スープジャーなら大丈夫です。タイガーの製品公式ページにも、ミネストローネやクリームチャウダーなどを入れられることが書かれています。

 

www.tiger.jp

 

私も安心して毎日カルピスを入れています。2年くらい使っていますが、きちんと毎日洗っているおかげか、サビや汚れは発生していません。

 

 

まとめ

上記のメリットに加えて、スープジャーにはほかにも嬉しい点があります。例えば飲み口が広いため、飲むときにハーブティーや緑茶、コーヒーなどのいい香りが楽しめること。また、口当たりが優しいところも気に入っています。

 

f:id:Yuki222:20161210142935p:plain

 

 

レシピ本も色々出ていて、私も料理研究家の奥薗壽子さんの本を一冊持っています。私はスープジャーにスープは入れませんが、普通に家で作るスープのレシピとしても、とてもいい本です。

 

 

お気に入りはこの「きのこの梅スープ」。梅干をくずして食べるのが何だか楽しいし、さっぱりしていてとてもおいしく、きのこ好きにはたまりません。

 

f:id:Yuki222:20161210134958j:plain

 

色々かわいい製品が出ていますので、マイボトルをお探しの方は、ぜひスープジャーも検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

f:id:Yuki222:20161023123516j:plain